【目的別】女の子に人気のランドセルブランドランキング2019年版

【総合】女の子の人気ランドセルの総合ブランドランキング

1位、セイバン(天使の羽)


ランドセルは使用しているとボロボロになったり、型が崩れてくる場合がありますがセイバンのランドセルは6年間使用しても丈夫で安心して使える作りになっています。

評判の天使の羽は肩ベルトに工夫がなされていて、体にフィットして軽く感じるような設計になっています。6万円前後で購入出来るのも魅力的です。

スタンダードなものから、こだわりのあるデザインのものまで豊富な種類なのも好評で女の子が好きな可愛らしい刺繍が施されています。

百貨店や公式オンラインストア限定のランドセルもあるので、公式サイトを覗いてみるのも良いかもしれません。

セイバンランドセルの在庫を確認してみる⇒

2位、フィットちゃんランドセル


体にフィットする事で体に負担がかかりにくく、背負いやすい作りになっています。

また安ピカッ機能と言うものを使用しているランドセルもあり、夜に車のヘッドライトが当たると60m先から確認が出来ると言う優れものです。

夜道をあるかなくてはならない時に、車に自身の存在を知らせるのにとても最適で人気があります。

4万円~6万円前後のお求め安い値段で、花柄やハートマーク、リボン等のデザインもありどれにしようか選ぶ楽しさもあります。パステルカラーのものや、淡い発色のものもあり柔らかい雰囲気を出してくれます。双子の姉妹のCMでお馴染みです。

フィットちゃんランドセルの在庫を確認してみる⇒

3位、キッズアミ

通常のランドセルの形の他に、横幅を広くしたものや縦に広くしたものまでありお子さんの体や使い勝手に合わせて選ぶことが出来ます。

お値段は6万円から高いものだと10万円程します。職人による手作業の部分があり、細部までこだわりのあるランドセルです。

手縫いで補強したり縫い合わせ等も手作業で行いますので、人の目の行き届いた素敵な仕上がりになっています。デザインはややシンプルなものが多いですが、落ち着きのある高級感溢れるものがほとんどです。

肩ベルトにミニナスカンとDカンがついており、防犯ブザーを付けるのに最適です。

キッズアミランドセルの在庫を確認してみる⇒

4位、モギカバン

ランドセルには珍しい、名前が入れられるサービスをやっております。世界に一つだけのランドセルを背負えるのが特徴的です。

革にこだわりがあり丈夫で良い品質なランドセルになっています。従来のランドセルですと、背負わない時は肩ベルトを持ち上げるしかなかったものが、持ち手部分を作る事により移動が大変楽になりました。

女の子に人気があるものは6万円前後の価格のものです。カラーは非常にシンプルなものが多く、やや昔懐かしい色合いのものがあります。

傷がつきにくいコードバンや、牛革を使用しているランドセルもありますのでお好みでお選び頂けます。

モギカバンランドセルの在庫を確認してみる⇒

5位、イオン


非常にカラーバリエーションが豊富で、自分に合ったランドセルを選ぶ事が出来ます。早期購入で10%オフのクーポンも利用でき、大変お求めやすい価格で購入出来るのが嬉しいです。

大容量で荷物が多い日でもしっかり収納可能なので、サブバッグなしでもばっちりです。背負いやすさに重点を置いており、小さな体でも負担にならないよう精密な設計で作られています。

1番安いものだと3万円で購入出来るのでお求めやすいお値段になっています。

そして自身で色やデザインをカスタマイズ出来るランドセルがあり、こだわり抜いたランドセルを使用する事が出来ます。

イオンランドセルの在庫を確認してみる⇒

【本革】女の子におすすめ!本革にこだわりたい工房系ランドセルブランドランキング

1位、羽倉

「羽倉の手づくりランドセル」は、千年の伝統をもつ鞄の街・豊岡の「豊岡鞄」ブランド認定品です
伝統が培った職人技・高度な技術は『革の魅力を最大限に引き出すランドセル』に丹念に注がれています。

5シリーズ、全21色のカラーリングを展開し「自然の中にある色」にこだわり、カラーバリエーションが豊富です。ミントグリーン、サックスやラベンダーなど女の子が好きな色が揃っています。

シンプルなデザインの総牛革エイジングランドセルから、女の子に人気のウイングチップフリルランドセルまでシンプルで飽きのこない美しさを実現しています。

オプションでお好みのステッチアートをつけることもでき、バードクローバーやフラワースターなど可愛いデザインが揃っています。

もちろん安全目にもこだわっており、反射材を中のベルト(前じめ)に採用、防犯ブザーを取り付けられるDカンが、肩ベルト両側についています。

羽倉ランドセルの在庫を確認してみる⇒

2位、モギカバン

創業88年のモギカバンは織物の産地として有名な桐生にある会社で、職人が一つ一つ手縫いで作りあげるこだわりのランドセルを販売しています。

素材にもこだわり牛革(スムース、ボルサ)アメ豚(豚革)コードバン(馬革)を使って機能的で美しく割安なランドセルを製作しています。

他のメーカーでは見ることができない色やフォルム、金具やデコレーションなどにこだわりのあるオリジナルのランドセルを提供しているのが大きな特徴です。

プラチナシリーズの『ティアラ』はシャンパンゴールドカラーにティアラのデザインをあしらった、ゴージャスなデザインとなっています。
レパートリー、カラーも充実しており、ラインナップの多さから選びやすくお勧めです。

6年間使用したランドセルはランドセル時計としてリメイクしてくれるのも、モギカバンならではのサービスです。

モギカバンランドセルの在庫を確認してみる⇒

3位、カバンのフジタ

60年以上もランドセルを作り続けているカバンのフジタは、国内でも珍しい総牛革のランドセルの製造ができる高度な技術を持った職人が従事しています。

コンパクトだけど大容量の背負いやすいランドセルは、使用する子供の負担軽減を第一にデザインされています。

カラーリングとデザインのシリーズは他のランドセルメーカーを圧倒するほどで、女の子向けのレパートリーだけで7種類・カラーリングは25種類もあります。

ヘリコンビ・アップリカ、ピンクがテーマのスウィートランドセルをはじめとし、ポップなカラーのラブハートなど、女の子は選びきれないのでしょうか。

かぶせ・肩ベルト・大マチベルトの前後左右360°どの角度からも光るように反射材を装備し、子供の安全を守ります。カバンのフジタは山形県の会社のため、防水加工の工夫など雪国ならではのアイデアがランドセルにも反映されています。

カバンのフジタランドセルの在庫を確認してみる⇒

【楽天】楽天で人気な女の子ランドセルランキング

1位、リリコ

リリコのランドセルはウエスタンスタイルや、ヨーロッパ調のデザインで個性的でオシャレなラインナップとなっています。

徹底的にこだわったデザインを持ちながら、6年間使い続けられるだけの機能性・耐久性を兼ね備え、美しい曲線や繊細なステッチは、日本有数の刺繍工房の職員が手作業で仕上げています。

ロマンティック、アンティーク、ジュエルなどシリーズは全13種類、どのデザインも物語の中のお姫様のように可愛いものになっています。
オリジナルメタルパーツ、可憐な内装デザイン、繊細なレース刺しゅうなど、他のメーカーにはない独自のものです。

本体素材には耐久性・軽量性に優れたクラリーノFを採用、大マチの補強で耐久性をさらにアップさせています。

反射材は高い位置に設置し認知性を上げる他、背カンには体への負担を軽減する構造を採用し子供の負担を軽減する構造になっています。

リリコランドセルの在庫を確認してみる⇒

2位、二ノニナ

二ノニナは楽天ショップの「文具の三協堂」が展開するランドセルのブランドです。

英国アンティークランドセルやリトルベリーなど、すべてのランドセルは身幅調整が出来るようになっているので子供が成長し体格が変わっても安心です。

8穴ベルトと2段階のワンタッチボタンで合計16段階の調整機能を使用することが可能です。ニノニナのランドセルの背カンは全てフィットちゃんを採用、左右のベルトが左右別々に動くので常に子供の体にランドセルがフィットし動きやすいです。

徹底的にデザインにこだわり、鋲やDカンは金型職人が手作りした他には無いスペシャルなデザインとなっています。

繊細で上品な刺繍は「キュート」「ラグジュアリー」「ラブリー」といったようにシリーズに合うようにテーマを変化させています。
派手すぎず、上品さや落ち着きがあるデザインは女の子からの圧倒的な人気を誇っています。

二ノニナランドセルの在庫を確認してみる⇒

3位、メゾピアノ

メゾピアノは明治37年創業のナルミヤインターナショナルによる子供服ブランドで、ファッション系のランドセルで圧倒的な人気を誇るメーカーです。

女の子が好きなロマンティックでラブリーな世界を表現しており、ブランドイメージどおりピアノモチーフのランドセルが人気です。

金具にもこだわりがあり、防犯ブザーをかけるフックがリボン型になっていたりと、女の子の心を掴むデザインになっています。

その他リボン、花柄、ストロベリーなど、女の子が好きなデザインモチーフをふんだんに取り入れています。

肩紐がアップするウイング背カン機能を採用しているので、ランドセルを使っていても体に負担が少ないです。

価格は他のランドセルメーカーよりも少し高いですが、ほかにはないキュートなデザイン、メゾピアノブランドが好きな方にはオススメです。

メゾピアノランドセルの在庫を確認してみる⇒

【見た目】シンプルでおしゃれでかわいいランドセルブランドランドキング

1位、土屋鞄

土屋鞄のランドセルは一つ一つを手作りで作成されており6年間大切に使っていただけるランドセルになっています。

6年間使用できるようにお子様の成長に合わせてベルトの長さを調整できる肩ベルト8段階調整機能、お子様が背負う際に負担が少なく熱も籠りにくい構造の背中当て等お子様の事を第一に考えられた作りになっています。

デザインはとてもシンプルな昔ながらのデザインのものがメインなのですがシンプルながらも使いやすさや丈夫さなど6年間ずっと使用できるように考えられたランドセルになっています。6年間修理保証もついているので不慮の破損も安心です。

2位、池田屋

1950年創業の池田屋のランドセルは刺繍などをされたデザインのランドセルはありませんがシンプルながら高級感のあるランドセルが特徴です。イタリア製防水牛革やコードバン等を使用しているランドセルを取り扱っています。

6年間使用しているとどうしても型崩れやつぶれなどが起きてしまうのがランドセルなのですが池田屋のランドセルはフレーム一体構造や型崩れ、つぶれを防ぐ変形防止板を取り付けている等丈夫に長く使える特徴が多くあります。

6年間の間に買い替える訳にもいかないランドセルですからなるべく丈夫なものを購入してあげたいですよね。

3、中村鞄

中村鞄のランドセルは最高品質の皮として有名な馬皮コードバン、使い込んでいくことで体になじむと言われる牛革ボルサ等を使用しているランドセルを取り扱っています。

価格帯は48000円台から88000円台の物となっています。ランドセルの特徴としては体や動きに合わせて左右の肩ベルトが別々に動けるようにしている背カン。

この背カンの効果でランドセルを背負う際下す際の負担が少なくなります。コーティング加工もしっかりとされており防水、対傷加工等お子様が使用している中で起こりうる問題をしっかりと対策してくれています。

【色別】女の子に人気のカラーランキング

【価格】女の子に人気な安いのにしっかりしているランドセルブランドランキング

1位、イオン

イオンの販売しているランドセルで特に注目の商品がはなまるランドセル24です。はなまるランドセル24で一番の特徴が価格の安さです。

本体価格30000円税抜で購入できるランドセルと非常にお買い求めやすいのですが安いだけでなく機能もしっかりとしているのです。大マチが12cmと大きくなっているので荷物がしっかりと入る、しっかりと荷物を入れても軽く感じれる機能かるくなーれを搭載しています。

機能も豊富ですがカラーも多く24色から選べますのでおしゃれ好きな女の子にもおすすめです。6年間保証もついているので小学校生活の間安心して使用できます。

イオンランドセルの在庫を確認してみる⇒

2位、ニトリ

家具などで有名なニトリもランドセルを販売しています。価格帯は29900円台から49900円台とリーズナブルな設定となっています。

値段はリーズナブルながらもシンプルなデザイン以外にも刺繍などが施されたデザイン性のあるものも購入できます。女の子におすすめなのがメチャ!!ピカ わんぱく組。女の子の大好きなピンクやラベンダーなど選べるカラーは6色でとても可愛らしい色ばかり。

ハート形の鋲やハートの刺繍など細部まで女の子の大好きが詰まったデザインになっています。傷に強いタフガードや通気性の良い背あてなどデザインだけでなく機能性もしっかりとしているのでおすすめです。

3位、コクヨ

コクヨのランドセルは荷物がしっかりと入るので手荷物が少なくなるという特徴があります。

従来のあんふぁんモデルより約30%収容量を増加、何かと提出物などがあるので助かるA4フラットファイルが入る幅等しっかりと荷物が入る作りになっています。

デザインはシンプルな従来の物からスイーツテイストのデザインのランドセルやお花をあしらったデザインなど女の子が喜ぶものも取り扱っています。

外側だけでなく内側もしっかりとデザインされているのでランドセルを開けるのが楽しくなりそうです。錠が自動で回転するワンタッチロックなど使いやすさもしっかりと詰まっています。

関連記事

  1. 羽倉(豊岡鞄)のランドセルの口コミ評判や特徴、おすすめ商品まとめ

  2. 神田屋のカルちゃんランドセルの口コミ評判は悪い?特徴を調べてみた

  3. ララちゃんランドセルの口コミ評判は悪い?特徴やおすすめ商品も!

  4. 【価格重視】女の子向けの安いけど丈夫なランドセルブランド5選!

  5. 二ノニナのランドセルの口コミ評判、特徴、価格、おすすめ商品まとめ

  6. メゾピアノのランドセルの口コミ評判(画像付)や特徴、型落ち情報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。